上野は何度行っても飽きません

誤解を恐れずに言い切りますが、都内最強の散策スポットは上野~浅草までの間にあります。

新宿や渋谷などの新しい繁華街も確かに魅力的なのですが、昔ながらの東京らしい景色を最も色濃く残している場所はやはりこの浅草から上野までの界隈にあるのではないかと思うのです。

私は時間ができると都内各所を街歩きしているのですが、その中でもこの上野周辺エリアは他の場所とは一ランク違った印象をいつも感じています。

浅草寺周辺にある仲見世にはたくさんのお店が並んでいますが、一つ一つのお店に個性があり行くたびに何か新しい発見があるようにも思えてしまいます。

上野の観光名所というと上野恩賜公園や動物園がメインであるかのように語られますが、なんでもない町並みの中にこそ本当の上野らしさがあると私は思います。

博物館や美術館には一度足を踏み入れてみるべき

上野駅からすぐ近くのところには、東京都美術館や東京国立博物館、国立科学博物館といった複数の建物が隣接するエリアがあります。

この公園自体が非常に広く、ただ散策するだけでもかなりの時間をとってしまうところです。

普段あまり美術館や博物館に行かないという人にとってはなんだか高尚すぎて入りづらいところでもありますが、実際に展示品を見なくても入り口のエントランス付近を歩くだけでも雰囲気を十分に味わうことができます。

もちろん気に入った展示があればそれを見るにこしたことはありませんが、このあたりの建物は建物自体が展示品のようなかなりの力を感じることができます。