【東京の住みたい街特集】清澄白河

アートの街、清澄白河

清澄白河は都心へのアクセスも悪くないものの、あまり知名度がない地域だと言えるかもしれません。
その名前を聞くよりも、人によってはアートの街という名前の方が、通じる可能性が高いと言えるほど、清澄白川は、美術館や博物館、個展会場があることで知られています。

清澄白河の特徴としては、昔の名残である倉庫をリノベーションして作られた、専用の個展会場が挙げられるのですが、この倉庫を改装した個展会場がなんとも良い味を出していると、芸術家の方はもちろん、美大に通う学生たちの間でも、何かと一度は話題に上がるスポットとして知られているようです。

そんなアートの街としての方が有名である清澄白川ですが、実はアートの街としてだけではなく、カフェが多いことをご存知でしょうか?
清澄白河のカフェ事情についていくつかご説明します。

コーヒー好きにはたまらない、こだわりのカフェがたくさん

清澄白河には、倉庫をリノベーションして作られた個展会場が多いというお話をしましたが、リノベーションされたのは何も個展会場に限ったことではありません。
倉庫の独特の雰囲気をそのまま生かしつつ、リノベーションを行った喫茶店、カフェなどが、実は多数存在しているのです。

例えば、ブルーボトルコーヒーと呼ばれるお店がその代表例として挙げられますが、カフェスペースと焙煎所を一階に設置し、店内がコーヒーのなんとも言えない良い香りに包まれて、その中でゆったりとした自分だけの時間を使うことが出来るとして知られています。
そのこだわりのコーヒーを求めて外からのお客さんも非常に多く、地元のお客さんと共に、連日お店は大繁盛していることでも知られています。

もちろん倉庫をリノベーションしていないタイプのカフェも多くありますので、こだわりのコーヒーを楽しんでみたいと考えている方には、正にピッタリであると言えるでしょう。

こだわりのコーヒーを提供しているお店が多いというのが、清澄白河の大きな特徴として挙げられます。

自分の時間をしっかりと持ちたいという芸術家タイプにおすすめの街

このように、アートの街としてはもちろん、こだわりのコーヒーを飲みたい、自分だけの喫茶店やカフェを見つけたいという方にも清澄白河の近くは非常におすすめです。
清澄白河は個展会場が多いという他にも、町全体の雰囲気が何となく芸術家肌を引き寄せる傾向があることでも知られていますので、美大生などを始め、現在芸術家として活動をしている方などを呼び寄せるような、不思議な魅力と魔力を持っている街だと言えるでしょう。

そこまで家賃が高いわけでもありませんので、非常におすすめの地域です。